安全な共有ビットコインウォレット

ビットコインにおける高度なセキュリティーを手軽に扱えるオープンソースHD‑マルチシグネチャウォレットです。

共有ウォレットでより安全に

Copayは本物のビットコインウォレットで、アカウント登録は一切必要ありません。ビットコインを一つのみでなく、複数の署名でも管理してみて下さい。

お金のセキュリティーを自分の手に取り戻して、第三者にお金を預けるのをやめましょう。海外にある複数名義銀行口座のように、Copayウォレットでは複数のユーザーで同一ウォレットを管理できるように設定できます。参加者が何人か合意取れた時にしか送金できないので安心です。もちろん、同一人物が複数端末で2段階認証のようにも使えます。

友人や同僚とビットコインの管理を分担したり、子供とウォレットを共有してビットコインのことを紹介してあげたりできます。Copay ではウォレットの共有が簡単です。

複数ウォレット
同一アプリで管理

複数アドレスの管理はアプリにお任せで楽々ビットコイン!

Copay アプリでは複数の個別管理できるウォレットを安全に保管してくれます。これで仕事もプライバシーを気にする個人も慎重にビットコインを個別管理できます。

個人用、仕事用、Testnet 用のウォレットを使い分けて、全てを同じアプリで管理できます。 Copay では階級決定性 (HD) ウォレットを使っているため、アプリ内のウォレット生成もバックアップも簡単です。

暗号通信によるペイメント認証

送信ボタンは自信もって押せる、そんなアプリです。

Copay がビットコインウォレットアプリの中でビットコインペイメントプロトコル (BIP 0070-0073) を実装した先駆者の中の一つです。

ペイメントプロトコルに対応しているお店で送金すると、Copayが裏で正しい送金先になっているかをSSL証明書で認証を行います。

開発者のために Testnet 完全対応

iOS及びWindows Phoneに初めて Testnet のサポートを実現したウォレットアプリです。

Copayはビットコインアプリ開発時に欠かせない Testnet の対応をしているので、複数のプラットフォームを対応していることもあり、ビットコイン開発者にもってこいのアプリです。

マルチシグネチャ (P2SH) と複数ウォレットの個別管理対応をすることで、Copayは世界中のビットコインアプリ開発者が実験やプレゼンに使える簡単なインターフェースのアプリを実現しました。

完全
オープンソース

Copayのアプリだけではなく、サーバー側のコードも全てオープンソース!

企業向けやコアなユーザー向けに、サーバーのソースも開示していることもあり、やろうと思えば Bitcore Wallet Service のサーバーをご自分で運用し、プライバシーも弊社を信用する必要無く Copay をご利用いただけます。

ボランティアで Copay に貢献しているたくさんのビットコイン系開発者がいます。しかし、まだまだこれからです。Copayの全て、ウォレットアプリもサーバークライアントも完全オープンソースなので、コミュニティーのレビュー、改善提案・議論、開発をもって成り立っています。

進捗を追って、改善の提案で参加したりもできます。先ずは GitHub の登録してから bitpay/copay 及び bitpay/bitcore-wallet-service へアクセスしてください。

150 通貨での表示


多言語サポート


HDウォレットのバックアップ


便利な送金の提案フロー